UI School 徳島市のおとな・こどもの英語/英会話教室

2017年10月13日

ハロウイン2017準備中♪

 

はやくもワクワクですね

ミーティングでも毎回、ハロウインの内容について話し合っています

今日は教室のデコレーション(≧▽≦)

 

なんだ~け~ど~

箱から何か見つけては身に付けてみたりポーズをとってみたり( `ー´)ノ

 

Kidsクラスはクラフトを作って楽しんでいます

これから、もっともっとたくさんのbats やspiders, ghostsがここに並びます

 

Alex先生、自分の生徒たちのクラフトを嬉しそうにみてるけど

肩に!!!

 

クモの巣はこんなふうに飾りました

 

 

かわいいね( *´艸`)

 

10月29日(日)4部制で120人限定のパーティ

お菓子もいっぱい用意して、ゲームやお化け屋敷などなど

盛りだくさんでめっちゃ楽しんでもらいますよ

Posted by : 未分類

2017年10月10日

高校生英語弁論大会 徳島

 

高校1年生の坂本萌歌ちゃんが、徳島県高等学校英語弁論大会で2位を受賞しました

他のスピーカーもレベルが高く接戦だったと思います

 

萌歌ちゃんは、AIについて、おもしろく洞察を加えた内容がよかったです

内容は大事です!

でも、スピーチではどう伝えるかがもっと大事です!!

 

短期間ですごく成長してくれました

 

県代表として四国大会に進む・・・はずが

丁度オーストラリア研修と日程が重なっていて、断念しました

 

来年こそは全国目指してがんばってくれることと期待しています

 

地元、徳島新聞の取材をうけている萌歌ちゃん

1年生なのにしっかりしています

 

 

UIの後輩のみんな、萌歌ちゃんに続いて欲しいです

UIはスピーチ指導しますよ

 

今年も全国から優秀な生徒さんがたくさんスピーチの練習にこられています

UIから全国優勝をめざしましょう

2017年10月01日

リトアニアへの旅

慰安旅行の目的は、Rasa先生の故郷を訪ねること

リトアニアの首都、ヴィリニュス

ここの旧市街も中世から残った古い街並みがとてもきれいです

 

 

旧市街の中、この写真にRasa先生の実家が写っていますよ

建築がとても美しい

 

Rasa先生のご実家に招待いただきました

髪の長い美人のお母さま、知的で誠意を感じるすてきな女性です

 

ケーキを焼いておもてなししていただき感激

Rasa先生がモデルをしていた時の写真が壁に飾っていました

 

 

天窓を空けると、気球が飛んでいるのがみえました

世界で唯一、市街地の上を気球で飛べるのがここヴィリニュスらしい

世界遺産の旧市街に立つ古い建物ですから、5階でもエレベーターはありません

よいしょよいしょと階段を上ります

 

車で1時間ほど走ると、湖のきれいな避暑地があります

14世紀にたてられたTrakai城はポーランドとリトアニアの連合軍がドイツ騎士団と戦った時の

重要な戦略基地だったそうです

お天気が良ければ、青空を背景にso beautiful~なことでしょう

お城の内部は天守閣、宮殿、礼拝堂などがあります

 

いろいろ遊びました

     

 

ボートに揺られて、湖でゆったり

船首にRasaとお母さんが座って瞑想中( ◠‿◠ ) 

手前ではしゃぐMari&Ai

Rasaのおかあさんのお友達がサマーハウスでランチを用意してくださいました

 

 

 

この、パイで包んで焼いたぎょうざみたいなのが非常においしくて

全員2個づついただいたのですが

なんと、前菜だったようで・・・

 

その次にバーベキューが出てきたときはどうしようかと思いました

が、

このお肉も、サラダも超おいしい

 

腹ごなしにトランポリン~~~

 

 

ここかしこにマッシュルームが生えています

このかわいいこが「遊ぼ、あそぼ」ってリングを持ってくるんだけど

なかなか離しません( ・´ー・`)

 

国立オペラバレー劇場のチケットをとってもらって

バレーも観に行きました

この由緒あるシアターの建築がすごいのだそうです

そう言われてみれば…

シックだけれど、非常に心地の良い空間でした

いい材料でとても丁寧につくられています

 

 

オーケストラピット、ヨーロッパでミュージカルやオペラをみると

オーケストラの生音なので身体に響いていいんです

カーテンコール

素晴らしいショーにスタンディングオーベイション

音楽もダンスも素晴らしかった~~~

 

ヨーロッパはどの国に行っても教会が多くて

正直どこがどこだかわからなくなるのですが

 

一生忘れないだろうと思う教会のひとつに巡り合いました

St.Peter and St.Paul’s Church

仏教徒でありますので、ふつう教会に入っても特にemotionalになることはないのですが、

ここはとても特別なバイブレーションが感じられて、涙がこぼれそうになりました

 

 

 

神聖な気持ちで歩いていると、ポルトガル人の観光客に交じって

ポルトガル語の説明を「ふむふむ」ときいているふりをしている二人を発見((+_+))

 

 

さてさて、リトアニア料理ですが

予想をグンと超えて超、超、超おいしくて感激

 

これは全部じゃがいも料理

どれもおいしくて、ほんとうにおいしくてfall in loveです

これもジャガイモ

蒸しているのかな、もっちりしてておいしい!!!

こちらはぎょうざ、かな

ん~、これもおいしい

これはジャガイモのパンケーキって感じ

サワークリームとサーモンがついてるっ

 

きのこのクリーム煮

すばらしい香りで、卒倒しそうなおいしさ

サラダも丁寧につくられています

 

 

ボルシチ、最高~!

 

赤かぶ(ビートルート)の冷スープは人気の伝統料理だそうです

クリーミーでさっぱりしてて、毎日でも食べたいくらいおいしい

 

 

今回の旅のハイライトはリトアニア料理で決定!

(隠し撮り)

帰国の機内、この2人のシンクロ、笑えた~(*´▽`*)

飲む・・・寝る!

 

ということで

バルトの旅、お勧めです

多くはヘルシンキ経由で入ると思いますが

ユーロ圏なので一旦フィンランドで入国手続きをしたら後はフリーだし

お金の両替もなし

物価も休め

 

で、何よりお人柄がとても良くて日本のようなホスピタリティを感じます

安全な国であることもポイント高いですね

 

冬は寒そうだけど、次のGWとかいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年09月30日

エストニアの旅

 

「エストニアに行くよ!」って言うと

たいがい「どこ?」って言われました

 

バルト海を挟んでフィンランドと向き合った小さな国、東はロシアです

バルト3国、エストニア、ラトビア、リトアニアのひとつ

中世の街がそのまま残されたとっても美しいエストニアが首都

人口は131万人ちょっとで、EU加盟国であります

 

旧市街はユネスコの世界遺産

いちおうUI社員の慰安旅行ですが、参加できたのは5名だけ

9月のシルバーウイークを利用して6泊8日の旅です

旧市街の中心ラエコヤ広場からHello~!

 

 

 

  

昔も今も、エレベーターがない古い建築がそのまま使われています

重いものを上の階に運ぶ滑車がついています

 

職人たちの中庭というところにはとってもかわいいカフェやお店がありました

どんなお客様が入っていったのかしら?

 

この城壁の上は・・・

 

こうなっていまして、カフェではホットワインがいただけます

向こうにバルト海が見え、眺めが抜群です

ロシア統治下の時代の面影があちこちにみえてエキゾチック

どこの教会だったっけ

わすれた

エストニアのいろいろな家系のエンブレムが架けられています

 

 

まるでハロウインの怪しい飲み物を作ってるようですが

伝統のへら鹿のスープがいただけます

ヨーロッパ最古の薬局、14世紀から今も営業中

 

 

散策していましたらイギリスからの旅行者のグループがセグウエイのツアーを楽しんでいました

結構なご年配の皆さん

「怖くない?」って聞きましたら

「ぜんぜん!」すぐに慣れるそうです

 

TALINK、このフェリーがフィンランドとリトアニア間を2時間程で運航しています

 

レストランで食事をしていましたら、いきなり賑やかになって何事か聞きました

フィンランドのミスユニバース、コンテストの決勝に残った女性たちのTV取材みたいでした

北欧は美人が多い!!

 

旧市街の真ん中に位置するホテルテレグラーフ

こちらに3泊お世話になりました

英語も通じるし、とても親身に応対してくれました

朝食が天下一品おいしくて、家具や調度品もとってもおしゃれで本当にくつろげます

タリンに行くなら絶対ココはお勧めです

 

 

そして、最後にタリンのお食事をご紹介しましょう

とにかくグリル料理が想像以上においしい!!

こちらはポーク

周りがパリパリしてて中はしっとし、上品なお味です

健康的なパンはどこで食べてもおいしい

このチキングリルが最高

すごく香ばしいチキンです

 

カモ肉もよく出されました

 

とってもたのしかったタリンを発つ朝

ホテルの玄関でふと見上げた空

 

これからもう一度飛行機に乗りまして~

どこに向かうかと言いますと・・・

 

リトアニア~~~

 

ページトップへ