UI School 徳島市のおとな・こどもの英語/英会話教室

2011年01月12日

Bangkok part1

年末に、鳴教大の「国際理解教育」のフォーラムに参加させていただきました
生まれた国、家庭によって
どんな人生を歩むことになるか決められる人たちがいる
多様な国、文化、貧困の中に生きる人々のこと
少しでも感じられるよう、理解できるよう取り組む先生たち
その活動に奮い立ちました
アジアを見に行こう!
さっそく航空券を手配して元旦の深夜に旅立ちました
足を運ぶことで大気圏を広げよう
早朝5時半現地に到着
飛行機の中で仮眠をとれたので
ホテルにチェックインしてさっそく町に出ました
Temple od dawn ワット・アルンラーチャワラーラームという寺院
三島由紀夫
の小説『暁の寺』の舞台ともなったところです
チャオプラヤ川をボートに揺られながらワットポーに向かう船上より


有名なワットポーの涅槃像

奥の方~にこの大仏さんの足が見えますね?
その右下にたくさんの人だかり、みえますか?
この涅槃像の大きさわかりますか?

タイの人たちはとっても信心深い
年始の観光客でごった返す雑踏のなかでもひざまずき
手を合わせ祈っておられました
金箔を像に張り付けてお祈りをされています



ちょうど日曜日でweekend marketが開いていました

マーケットの中にある足もみ
30分で500円くらいだったかな
疲れが取れました

マンゴー唐辛子の漬物

タイカレー

タイの人は家庭ではあまり料理をしないのだそうですよ
屋台やフードコートで食べるのですが
おなかいっぱい食べて200円しない

有名なレストランでのプーパッポンカリー(渡り蟹のカレー)は
ちょっとお高め、でも美味しい!

世界3大スープのトムヤンクン

同じアジアなのでなじみを感じる部分と
カルチャーギャップを感じる部分と
言葉の感じはカンボジアとかミャンマーとか近いんだな
英語が通じにくい・・・
英語教育は日本とよく似ているようです
現地で出会ったタイ人の公文式の先生によると
こどもたちは9年とか12年英語を勉強するけど
文法が中心で話せるようにはならないんですって
みんな、英語学ぼうよ
だって、タイ語はあまりにも難しい
つづく・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ