UI School 徳島市のおとな・こどもの英語/英会話教室

2017年09月30日

エストニアの旅

 

「エストニアに行くよ!」って言うと

たいがい「どこ?」って言われました

 

バルト海を挟んでフィンランドと向き合った小さな国、東はロシアです

バルト3国、エストニア、ラトビア、リトアニアのひとつ

中世の街がそのまま残されたとっても美しいエストニアが首都

人口は131万人ちょっとで、EU加盟国であります

 

旧市街はユネスコの世界遺産

いちおうUI社員の慰安旅行ですが、参加できたのは5名だけ

9月のシルバーウイークを利用して6泊8日の旅です

旧市街の中心ラエコヤ広場からHello~!

 

 

 

  

昔も今も、エレベーターがない古い建築がそのまま使われています

重いものを上の階に運ぶ滑車がついています

 

職人たちの中庭というところにはとってもかわいいカフェやお店がありました

どんなお客様が入っていったのかしら?

 

この城壁の上は・・・

 

こうなっていまして、カフェではホットワインがいただけます

向こうにバルト海が見え、眺めが抜群です

ロシア統治下の時代の面影があちこちにみえてエキゾチック

どこの教会だったっけ

わすれた

エストニアのいろいろな家系のエンブレムが架けられています

 

 

まるでハロウインの怪しい飲み物を作ってるようですが

伝統のへら鹿のスープがいただけます

ヨーロッパ最古の薬局、14世紀から今も営業中

 

 

散策していましたらイギリスからの旅行者のグループがセグウエイのツアーを楽しんでいました

結構なご年配の皆さん

「怖くない?」って聞きましたら

「ぜんぜん!」すぐに慣れるそうです

 

TALINK、このフェリーがフィンランドとリトアニア間を2時間程で運航しています

 

レストランで食事をしていましたら、いきなり賑やかになって何事か聞きました

フィンランドのミスユニバース、コンテストの決勝に残った女性たちのTV取材みたいでした

北欧は美人が多い!!

 

旧市街の真ん中に位置するホテルテレグラーフ

こちらに3泊お世話になりました

英語も通じるし、とても親身に応対してくれました

朝食が天下一品おいしくて、家具や調度品もとってもおしゃれで本当にくつろげます

タリンに行くなら絶対ココはお勧めです

 

 

そして、最後にタリンのお食事をご紹介しましょう

とにかくグリル料理が想像以上においしい!!

こちらはポーク

周りがパリパリしてて中はしっとし、上品なお味です

健康的なパンはどこで食べてもおいしい

このチキングリルが最高

すごく香ばしいチキンです

 

カモ肉もよく出されました

 

とってもたのしかったタリンを発つ朝

ホテルの玄関でふと見上げた空

 

これからもう一度飛行機に乗りまして~

どこに向かうかと言いますと・・・

 

リトアニア~~~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ