UI School 徳島市のおとな・こどもの英語/英会話教室

2010年08月26日

日本の「優しさ」を輸出する

 
マッサージやエステ、美容院さん、レストラン、旅館
いわゆるサービス業の人たちを考えると
日本人のスキルと接遇はすごい
海外でエステやマッサージ美容院に行くと
日本のレベルの高さを改めて感じた人も多いでしょう
日本人のスキルとサービスのクオリティの高さこそ
海外に輸出できます
・・・って、茂木健一郎さんがそのようなことをおっしゃっていました
そういえば、資生堂が中国の百貨店に進出した折
日本的接客も一緒に導入していたTVニュースを見たことがあります
そして、あの中国人が日本的接客に感激していました
思いやりや優しさの表現を輸出したのですね
これまでは車、器機などを輸出して経済発展した日本ですが
これからは文化や接遇、サービスも輸出するといいですね
いま、夢が持てない子が多いです
何がしたい?
「別に~」・・・
どんな大人になりたい?
「えぇ~・・・。」
全国学力検査結果の新聞記事に
自己肯定感が低いって新聞に書いていましたっけ
こどもはいま生きている社会環境の影響をもろに受けています
私たちひとりひとりが
私たち自身の、街の、国の良さをもっと掬いあげ
こども達と語る必要があるのではないでしょうか
いい事に気がつく
人の面白さに気がつく
面白い出来事に気付く
学力ってこんなところから伸びると思う
決してテストで正解を増やして点数を上げることではない!
そんなことに一喜一憂しているから
大事なことに気がつかないんだ
いいもの、大事なことをちゃんと受け取り
そしてこども達に引き継いでいきましょう
日本人のよさをもっともっと語って聞かせましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ