UI School 徳島市のおとな・こどもの英語/英会話教室

2011年05月30日

「怒っておきましたから」って・・・

 
レッスン中、あるいはレッスンに入る前
困った行動をやめなかったこども

「怒っておきましたから」って
お家の人から言われて考えていました

クラスへの迷惑を考えて気を使ってくださるのはありがたい

 

でも
こども自身「ダメだ」とわかってる場合が多いんだよな

でもやっちゃう

小さいうちは、オトナの権力をかざせばいいなりになったり
ゲームで釣ったりもできる

時間がないときなど、つい手っ取り早くやってしまいますよね

でも、そのうちそういうものは効き目が無くなり
言っても聞かない、あるいはご褒美がないと動かない

親と口をきかない・・・とよくあるパターンに

どんなに小さなこどもでも
人の行動や言動には意図があります

「この行動の意図はどこから来てるのだろう?」

家族や学校の環境の変化や
もしかしたらずっと前の経験からきてたり

意外なところにあるかもしれません

こんな質問をしてみてはいかがでしょうか

「何があったのかきかせてくれる?」

「そのときどう思ったの?」

「で、○○はどうしたの?」

「本当はどうしたらよかったの?」

「この次はどうしたい?」

「そのとおりできたらどんな気分かなあ?」

「自分で考えられてえらいね!おかあさん嬉しいな。」

こどもの中からどうしたらいいか答えがでてくるといいですね」

自分で答えをだしたこどもは変化していきます
自分で考え始めます
言葉にすることがとても大事だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ