UI School 徳島市のおとな・こどもの英語/英会話教室

2017年02月09日

英語を身に付ける効果的な順番

 ん・・・?

えぇ~!?

 

「UIの生徒ってぇ、たしかにぃ、話せるしぃ、聞き取りも強いけどぉ、

 読み書きをやってないよね~」

って言われてますよとあるお母さんが教えてくれました(=゚ω゚)ノ

 

そんなふうにUIの噂をしてくださってるのですね!?

ありがとうごじゃいます。

しか~し

決してそのようなことはございませんよ!!!

UIの生徒たち、小学生のうちに読み書きかなりできて中学に進みます。

今年は平均、英検4級レベルの生徒さんが多いです。

「英検取らせます」的なことを強調してこなかっただけです。

 

UIっこたちもワークブックもしますし

 

スピーチ原稿も書いて暗唱したりしています

 

言語を身に付ける効率的な順番としては

1.きいてわかる

2.反応よく話せる

3.読める

4.書ける

この順番は鉄則です。

特に外国語の音を聞き取って模倣ができる音の臨界期もありますし

子どもの時だからこそできる効率のよい、効果的な学び方を優先しています。

 

UIのシステムで8級、(スタートして1年半ほど)で書くことが始まります。

年齢によっては前倒しして導入しています。

 

レッスンを参観していただいたみなさんから一様に言っていただくのは

『50分レッスンの内容がぎっしり詰まっていて、ものすごいスピードで進む』ということです。

 

 

週一回のレッスンで入れられる精一杯をいれていますので、これ以上読み書きに時間を割けません。

ですので

この春から、”読み書き強化のクラス”並びに、”多読+多聴クラス”を併設いたします。

 

読み書きを学ぶと、聞く+話すの力もアップし、英語力が定着します。

もちろん将来に向けてアカデミックな力も付けていく必要があります。

ご承知のように、今の時代ハイレベルな英語力を身に付けることが望まれていますので

教室としましてはしっかりといい学びを提供できるよう準備を進めているところです。

 

どうかどうか

ぜひ、実際のレッスンを見に来て確認して噂を広めていただければ嬉しいことこの上ありません!

よろしくお願いいたしましゅ。

 

“英語を身に付ける効果的な順番” への2件のフィードバック

  1. 中野 睦 より:

    こんにちは。

    ”読み書き強化のクラス”と”多読+多聴クラス”、興味があります。今度伺った時に、是非お話を聞かせてください。

    サラメシ、良いですね。食べる力=生きる力なので、おいしく食べることが出来るのは大事ですよね。
    いつも皆さんで昼食を取られているのですか?スタッフの皆さん、とても良い関係なのだなと感心いたしました。

    • uischool より:

      中野様
      コメントに気が付くのが遅くて大変申し訳ありませんでした。
      先ほど、お教えいただいたアドレスの方にメールをさせていただきました。
      ご連絡をお待ちしております。はやふじかずよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ