UI School 徳島市のおとな・こどもの英語/英会話教室

2015年09月15日

世界うるるん 「マラウイ滞在記」

みなさんは「マラウイ共和国」という国を知っていますか?

聞いたこともないなぁ・・・という方も多いのではないでしょうか。

 

アフリカ大陸の内陸にある日本よりも小さな国なのですが、

その国で教師をしていたという青年がUIに通ってくださっているのです!

 

その青年・来島さんは、残念ながら来月には県外へ引っ越してしまわれるそうで、

その前にぜひともマラウイでの貴重な体験談をお話いただきたいと、UIにて講演会を企画しました!

 

今週、9月19日(土)の18:30~ 約1時間程度の予定です。

そのあと質問コーナーなどの時間が取れればと思っています♪

場所はUIです♪ 

 

こんな生活があるんだ!こんな文化があるんだ!こんな人がいるんだ!

なにより「英語が使えれば、こんなお仕事もできるんだ!」

と子供さんだけでなく大人の方々も、いろいろな発見をしていただける素晴らしい機会になると思います!

 

とっても気さくな好青年・来島さんのお話、参加費は無料ですので、ぜひ聞きにいらして下さいね♪

なお会場準備の都合等ありますので、参加ご希望の方はご一報ください☆

 

↓↓↓詳しくはチラシを↓↓↓

12002800_883042211749038_454711715647144796_n

2015年09月12日

自分の声を出した、ボイストレーニング!

正しい英語を話しても伝わらない?

それは「声」が原因のことが結構あります

 

日本語をはなしている声で英語を話すと英語に聞こえないのです

とてももったいないことですよね

 

UI Schoolではスピーチ指導をさせていただくことも多いので

東京までボイストレーニングに出かけたりしておりましたが

今回は小泉誠司先生に徳島に飛んで来ていただきました

 

先生は渋谷でスタジオとライブハウスを運営されていて

俳優やシンガーのボイストレーニングやプロデュースをされています

ガンダムの主題歌の作曲をされたのも小泉先生です

2015-09-06 13.27.06

声帯の使いかた

息の使い方

身体の使いかた

スピード感のあるテンポの良いレッスンに引き込まれ

どんどん変わっていく自分の声が気持ちよく

みなさん感激されていました

2015-09-06 13.55.15

2015-09-06 13.40.29

 

お仕事でも声は非常に印象を変えます

いろんなお仕事をされている方もプライベートレッスンを受けに来られました

 

2015-09-07 09.27.52

「こんにちは」

「いらっしゃいませ」

声がこんなに変わるの!とびっくり

 

レコーディングしながらレッスンしてくださったのですが

音の波長にそのひとの性格がみえたりしておもしろいですね

 

ということは、声を育てると性格にも変化があるように思います

 

声には人格が現れますので、本当の自分のいい声をだせるように

これからも練習を重ねていこうと受講したみなさんと話しています

 

2015年09月09日

個別共育クラス 夏の報告会のご報告②~ふくしま国語塾出張報告~

さて、報告会のご報告、後半です(^^)/

 

 

ふくしま国語塾への出張報告では、「ふくしま式」の簡単な説明もさせていただきました。

2015-09-05 18.37.44

 

 

 

「ふくしま国語塾の出張?」

初耳の方は先日のブログ

http://ui-school.com/cat0/4376

をお読みください。

 

国語力とは論理的思考力である。

そして論理的思考力とは関係整理力である。

この関係には三つあり同等関係、対比関係、因果関係であり、それぞれの整理力は「言いかえる力」「くらべる力」「たどる力」と言うことができる。

 

これが「ふくしま式」の基本中の基本です。

抽象的な説明ですが、それでもこれを見るだけでなんだか国語の勉強に自信を持って取り組めそうでしょう?

具体的なことを知りたい方はどうぞ個別共育クラスのドアをたたいてください。(ドアは大抵いつも開いていますが(^^ゞ)

 授業の中で技術として指導していますから、授業を見に来てください!今西に話を聞きに来てくださいませ。

 

 

さて、セミナーでは福嶋先生が生徒さんに実際指導している様子も参観させていただきました。

福嶋先生の授業でもとにかく型を徹底すること、授業で使う表現や言葉を統一することを大切にされています。

型が徹底されると、その型が思考のスイッチになるからです。

 

 

でもあまり型、型と言っていると、個性がなくなってしまうんじゃないの?

 

いえいえ、そうではありません。

型こそが個性を引き出します。

 

 

お母さん、思い出してください。

「晩御飯何がいい?」

と聞いた時、

「なんでもいい」

と言われたら、困るでしょう。

却ってなにも浮かびません。

これは自由の不自由です。

それに対して

「何かお肉がいい」

と言われたら、ハンバーグ、ステーキ、焼き肉にすきやき。

お肉の料理がたくさん浮かびますよね。

 

 

型があるほうが自由です。

武道やスポーツだって、型があるから自由自在に動けます。

勉強だって一緒です。

ですから型を勉強していく。

型ははっきりしているから、繰り返し勉強し、取り出して使うこともできる。

型を勉強するのが重要な理由、納得ですよね。

 

 

UIでは個別共育クラスでも、英語のレッスンでも型を大事にしていきます。

生徒さん方に自由自在になるための力をつけてほしいからです。

 

 

「ふくしま式」にはこんな鉄則があります。

 

「世の主張という主張は、「逆説」の構造を持っている。」

 

型が個性を、自由を生みます。

一見自由を奪うと思われる型があることで、個性と自由が引き出されるのです。

 

私が挑戦しました「ふくしま式教材分析対決」がその証明にもなりました。

ふくしま式で同じ教材に取り組んだのに、それぞれの先生の個性が引き出されましたからね。

以上のことを60分でお伝えさせていただきました。

お子さんの勉強に、また保護者様自身のお勉強に 「型」を大切にする意識、取り入れていただければと思います。

国語について、何かご相談がありましたら、いつでもUI個別の今西を訪ねてきてくださいね!

 

 

2015-09-05 14.54.32

 

ちなみに当日会場に飾ってあったお花は生徒さんが1位のお祝い(ご褒美?)に持ってきてくれたものでした!

Yちゃんありがとう!

 

2015年09月09日

個別共育クラス 夏の報告会のご報告①~読書感想文について~

 

9月5日土曜日に開催いたしました夏の報告会 大盛況でした!

お越しいただいた保護者さま、生徒さま本当にありがとうございました!

 

「3人くらいでもお母さん方が来て下さったらいいな。茶話会みたいにお一人お一人のお顔を見ながらお話をさせていただけるかな」

という今西の予想に反し、なんと23人もの方がお集まりくださいました!

 

2015-09-05 19.29.18

 

もちろん少人数の保護者様方でも準備はきちんとするつもりでしたが、こんなに来てくださるなんて、資料の作成に気合が入りました!

 

さて、報告会でお話しましたこと、簡単にこちらでもご紹介いたします。

 

長いご報告となりますので、二つの記事に分けさせていただきますね。

 

 

今回の報告会では最もお伝えしたいこととして

「型が自由を引き出す」

というテーマを定めました。

 

夏の読書感想文講座、また今西が行ってまいりました「ふくしま国語塾」でのセミナーでも型の重要性を痛感したからです。

 

 

お話は感想文講座についてから。

UIの感想文講座はスタートした年から、明確な型を使って書いています。

骨組に自分の体験と本の内容、結論が必ず入るような型です。

詳しい内容についてはぜひ講座をご受講いただきたいのですが、ではその型にどんな中身を入れていくのかについてお話をさせていただきました。

 

型があればそこに中身を入れていくことができます。

型があると中身が引き出されてきます。

しかしながら、中身となるものがもし自分の中になければせっかく思考のスイッチとなる型があっても出てくるものがありません。

 

だから読書感想文は自分の体験に結びつくような本を選ばなければならないのです。

体験が知識となります。

日頃から知識を増やすためにたくさんの体験をしてほしいと思います。

子どものうちはやっぱり体験を大人が与えるのが良いですね。

一番身近な大人、お父さん、お母さん、もしくはおじいちゃんおばあちゃんが子どもたちにたくさんの知識=体験を与えてあげてほしいです。

 

さて、本には自由図書と課題図書があるのですが、やっぱり課題図書は質が良く、主題が各学齢にぴったりです。できれば課題図書で書きたい!書いてほしい!

 

でも自分の体験と結びつかない!そんな時はどうしますか?

 

そんな時は課題図書を選んだあとで、体験をすればよいのです。

星の本を読むのに、星をじっくり観察した経験がなければ、感想文を書く前に星を見に行く体験をしてしまえばよいのです。

良い作文も書けるし、星の知識も増えて一石二鳥ですね。

 

型は形式です。そして形式は思考のスイッチです。

形式の対義語は中身ですが、形式が中身を引き出してくるのですね。

でも中身は用意していないとありません。

全ての学びのために、材料となる中身を、知識を増やしていきましょう。

2015年09月09日

イギリスのプロ劇団による英語劇がやってきます

日程:1010日(土)

場所:徳島県立文化の森 21世紀館イベントホール

 

今年で6度目になる“White Horse Theatre”の徳島講演です。

”英語を外国語として学ぶ人たちに見せる劇団”であり

英語教育劇団として大きな成果を上げています。

劇団の情報はコチラ⇒ http://presto-whorse.sakura.ne.jp/

 

内容※

①初級:小・中学生~大人 

 時間:11:0012:00

 演目:The Prine and the Soldier(火打ち箱)

 チケット代金(前売):1,700円(学生)、2,000円(一般)

 アンデルセン童話をもとに、初心者にもわかる優しい英語が使われています。

  

②中級:高校生~大人

 時間:15:0016:30

 演目:Hamlet(ハムレット)

 チケット代金(前売):2,200円(学生)、2,500円(一般)

 シェークスピアの名作を1時間半に編集しています。美しい英語を堪能できます。

 

当日券は200円増しとなりますが、チケットを購入する際に「UI Schoolの紹介」と伝えていただければ前売券と同じ価格でご入場いただけます。

 日頃の英語学習の成果を試すとともに、英語学習のモチベーションを高めるいい機会です。

スクールにも、詳細のチラシを置いておりますので、ぜひお持ちくださいね。

  

ページトップへ