UI School 徳島市のおとな・こどもの英語/英会話教室

2017年08月21日

平和展・いたの

日本の暑い夏は甲子園の歓声と平和を祈る声とも重なります

毎年、この時期開催される『平和展・板野』に足を運んでいます

板野の小学児童のみなさんの作品です

 

 

解説なしで味わっていただける書です

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実物の迫力が画像では表現できていませんが・・・

 

クラスのみんなで本を読んだ後にかいた寄せ書き

 

児童:「あ、先生、間違った!」

先生:「間違ったら塗りつぶしておけ」

・・・なんともおおらかじゃありませんか

 

 

 

いかがでしょう

 

表装して軸にしたら結構な値段が付きそうじゃないですか(#^^#)

 

こどもといえど、筆を持ってお習字というと構えてしまって

ぎこちない線の文字を書いているのをよく見ますが

ここにある書は、どれも迫ってくるものがあります

 

どうしたら短時間の授業でこんな文字を書かせられるのでしょう?

 

こちらが田村誠次先生

こんな先生、なかなかいないと思います

 

早藤も毎年新年に書初めでお世話になっています

 

戦後70年間守り続けられた平和は、悲惨な戦争体験を生きてこられた人々が

「非戦の誓い」を胸に築きあげてこられたものです

これから、平和の悲惨さを知らない世代がしっかりと引き継がないといけません

 

その為の活動が、”平和・いたの展” 

板野町、文化の館にて23日まで延長で開催されています

 

 

UI Schoolのスタッフたちは、田村先生に学ぶ写経の会を行います

9月3日(日)阿波町の紫雲山 西光寺にて

大人限定で、あと数名入れますので、興味のある方はご連絡くださいませ

 

 

2017年04月22日

シリアに届け、みんなの思い

 

シリアのこどもたちにランドセル、文具などを贈るプロジェクト

たくさんのみなさんにご協力いただき本当にありがとうございました

 

本日お引き渡しをしまして、今頃広島の港に向かっていることと思います

 

 

↕ 間違いさがし ↕ 何が違うか分かるかな?↕ 

  

なかには笠地蔵のように教室前にそっと置いてくださる方もいました(*^_^*)

ありがとうございました

 

お引き取りまでロビーに置いていたらこどもたちが「いっぱ~い!どうするの?」って

『シリアのこどもたちは戦争でたいへんな思いをしているのよ

お勉強ができなくてこまってる人もいっぱいいるから送ってあげるの』

 

理解は難しいかもしれないけれど話してあげることが大事だと思います

 

呼びかけに応えてくださった皆さんのあったかい気持ちがドカ~ンと感じられました

 

このランドセルを背負うシリアのこどもたちの姿を想像しつつ

彼ら、彼女らの未来が平和であることを心から祈りつつ送ります

 

ご協力いただいたみなさま:

保井文具店さま(たくさんの新品の文具)

あさぎりたいせいくん

たいせいのおともだち

かまくらいろはちゃん

かまくらひめかちゃん

ますむられおくん

ふじもとしんたろうくん

ふじもとたいじゅくん

のだゆかママ&おともだち

まるおかけいたくん

しばたひであきくん

さなかりょうすけくん

しまだありしあちゃん

まぶちゆうまくん

まぶちやまとくん

ほしゆうたくん

よこたこういちくん

くぼこはねちゃん

かわせゆうりちゃん

きたはらしほちゃん

にしはらゆうきくん

なかやまゆきやくん

にしはらゆうきくん妹

しんかいことみちゃん

ひろながこうしくん

かつうらえいすけくん

 

お名前が抜けていませんか?

「わたしも贈ったよ」って方がいらしたらお声掛けください

 

みんなみんな、ほんとうにありがとうございました!!!

 

2016年10月28日

Global Leaderを育てる国際教養大学訪問

 

 

 2016-10-24-11-01-57

紅葉の進んだ秋田でNPO法人国際教育ネットワークの会議に出席してきました。

全国のまっとうな(笑)英会話スクールのオーナーが集まり情報交換したり

勉強会をしたりしています。

 

今回は、齋藤弘国際教養大学客員教授(前山形県知事)にお越しいただき

秋田国際教養大学の説明、英語教育の事、世界の変化についてお話いただきました。

20161026165634

みなさん、ご存知でしょうか?

国際教養大学は、センター試験を受けて入学する生徒の偏差値は東京大学よりも高いと言われます。

実際、早稲田や慶応に受かっても国際教養大学を選ぶ生徒がいるのだそうです。就職率は100%!

 

全ての授業が英語で行われ、全生徒が一年間海外に留学します。

世界の46の国と地域に175の大学が提携していて、現地校での学費はいらないし、単位も認められます。

新入生は全員留学生と共同生活。交換留学生は33か国から168人在学しています。

この異色の大学の基礎を作られたのが故、中島嶺雄学長

2016-10-24-11-04-27

Be a Global Leader

「真のグローバル人材には、ただ外国語ができるだけではなく、国や人種の違いを受け入れるしなやかさ、自分の個を確立ひている人間力やコミュニケーション力が求められる。」

これらの養成に欠かせない全人力(リベラルアーツ)を身に付けさせる大学を築かれたのが中島学長です。

たくさんのご著書が出版されていますので読んでみられることをお勧めします。

UIでも、この大学を目指す生徒を育てたいと強く思いました。

20161026171546

24時間365日開いている図書館

ここに見える書籍はすべて英語で書かれたものです

20161026171452

2016-10-24-11-06-02

2016-10-24-11-07-05

 

20161026165943

プレゼンの練習をしてるクラスがありました。

  2016-10-24-11-23-19

こちらはディベートをしていました。

2016-10-24-11-24-20  

オーディオも豊富でリスニングブースもたくさんあります。

2016-10-24-11-17-43  2016-10-24-11-17-08

2016-10-24-11-18-34 

素晴らしい環境の校舎内を見学させていただいたあと、カフェテリアで食事をしました。
4~5人の胃袋を満たしそうなカツ、ハンバーグ、目玉焼きカレー。
完食したのは、わたしではございません!

2016-10-24-12-10-52

充実した秋田での2日間を終え、みなさんと帰りのフライトを待っています。

ご覧ください!みなさん飛行機の待ち時間も寸暇を惜しんでお仕事?!

20161026171521

 

おまけ①

会議の前に秋田県立美術館に行かせていただきました。

2016-10-23-12-01-26

安藤忠雄の建築、いたるところが面白いので立ち止まってじっくり見たり、踏みしめてみたり、つついてみたり(*^^*)

2016-10-23-12-00-14

2Fにあるカフェはめちゃステキ~

 

2016-10-23-11-30-19

そして、藤田嗣治の絵を見たくて行ったはずが

企画展の斎藤真一の世界にどっぷりと気持ちを持っていかれてしまった

久しぶりの感覚です

 

おまけ②

懇親会は秋田長屋酒場というところでなまはげの突撃を受けました

2016-10-23-19-21-40

 

2016-10-23-19-27-44

 

2016-10-23-19-27-51

2016-10-23-20-09-51

 

2016-10-23-20-14-28

とても由緒のありそうな、素晴らしいお店でした。

こちらも超お勧めです!

 

秋田で学んできたことを、これからのUIの運営に活かして参ります!!

 

2016年07月19日

Mrs. Ormandyとのひととき

このたび、パシフィックランゲージスクール東京本部から

Mrs.Ormandy,そして京都から佐伯先生にお越しいただきました。

講演に先立ち金曜日の夕方から教室にご訪問くださり

生徒や保護者のみなさんに親しくお話してくださったり

クラスの見学もしてくださいました。

 

レッスンを終えてでてきたクラスのこどもたちと一緒に

DSC_3390

レッスン日じゃないけど、ミセスに会いに駆けつけてくださった生徒さんたち。

IMG_2025

IMG_2028

中学生はバッチリ英語で会話ができていました。

もじもじせず、まっすぐ顔をみて笑顔もつくって受け答えできていました。

Good job!

IMG_2032

佐伯先生も、こどもたちみんなにあたたかく英語で話しかけてくださって

こどもたちはすぐに打ち解けていました。

IMG_2031

 

UIのスタッフは、VIPのご訪問に緊張しすぎて変顔になってしまいました(爆)

DSC_3434

教育について、レッスンについて、指導する人としてのたくさんのお話

私たちみんな、とてもモチベートされて活力をいただきました。

DSC_3452

DSC_3463

文化活動も積極的にされているMrs.Ormandyに、徳島の文化に触れていただきました。

DSC_3464 DSC_3399

見学して帰ろうとしていたらTV撮影のインタビューに止められました。

どこにいてもオーラを放っておられますから!

DSC_3401

本番の町をご覧いただくのが一番ですが、阿波踊りも少し味わっていただきました。

流石リズム感バッチリ。踊りもすぐにマスターされました。

DSC_3408

佐伯先生は初めてとは思えない、すっかり阿波人?

レイをかけてもらって賞を獲られました!すごい!!

DSC_3418

どんなに忙しくても「楽しむ」と言うことをじょうずにされるところも

ご一緒させていただくたびに感心させられます。

イタリア旅行をご一緒させていただいたときも教えられました。

去年は京都を一緒に観光させていただいとき

「今自分は楽しめているかな、と考えるんですよ。

あれ?楽しめていないなと思ったら、こうしようかなとか考えたりね、」

と教えていただき今年の新年の抱負の一つが『楽しむ』なのですが

やってみるとこれが本当に難しいのであります。

 

人生で目標にできる素敵な女性がいてくださると言うのは

本当にありがたいことであります。

一日一日、ほんの少しの違いをつくりつづけることで

長年のうちに大きな違いを作れるということも教えていただきました。

 

すぐにできなくても、理想になかなか届かなくても

ちいさな一歩でも近づけるようにしていこう。

 

 

     DSC_3434      

 

 

2015年05月16日

こどもの学力を伸ばすには~

ぐんぐん伸びているこどもたちをみていると、明らかに日本語能力が高いです

 

学力が高い状態とは=日本語了解能力が高いこと

なぜなら、勉強するときは日本語を使います。

国語も算数も社会も理科も

教科書もテストも全部日本語で書かれています。

 

では、具体的に今日から何をすればいいの?

 

音のいい本を声に出して(音読)読みましょう。

大人物はみんな読書家だったそうです。

一語一語しっかり読みますと、集中力が身に付きます。

本屋に行って、こどもと一緒に本を選びましょう。

2行ほど読んでみて、音の良いと感じたものを選ぶとよいです。

小さい子には読み聞かせです。

紙芝居から入ってもいいのです。

 

読書の習慣をつけましょう。

テレビやゲームを日常からできるだけ排除しましょう。

こどものために読書習慣がつく環境を用意してあげましょう。

 

『10歳までに読書習慣をつけたこどもを育てた家庭は、将来500万円の節約になる。』

とまで言われています。

要するに塾や余分な教材に費用が掛からないというのです。

思い当たる子供たちがたくさんいます。

 

こんな成功事例があるそうです。

 

毎月初めにおとうさん、おかあさん、こどもで本屋さんに行って、10冊ずつ本を買う。

買った本はみんなリビングの棚に置いておいて読む。

お互いが選んだ本について、会話が生まれます。

 「おとうさん、この経済の本どんなことが書いてあるの?」

 「おかあさん、この『365日のおかず』ってどんな本?」

趣味の本だっていいんです。

親子のコミュニケーションが生まれます。

コミュニケーション能力が最も育まれるのは家庭です。

そしてコミュニケーション能力が高い子は例外なく、学力が高いです。

 

こどもに読ませるには大人(=おとうさん、おかあさん、そして私たち先生も!)が読んでいる姿を見せることが一番!

大人たちをみてこどもは育っています。

私たちも本を読んでお手本になりたいです。

 

お勧めの本、おいておきますのでぜひ読んでください!

*UIには日本語音読クラスもありますよ♪

ページトップへ