UI School 徳島市のおとな・こどもの英語/英会話教室

2017年11月30日

2017 高円宮杯全日本中学校英語弁論大会

 

 

ことしもレベルの高い中学生のスピーチがたくさん聞けました

非常にナチュラルに英語を話す生徒が多くなっている気がします

 

今年も10人ほどの全国からの生徒さんのスピーチをお手伝いさせていただきました

残念ながら決勝には残りませんでしたが

決勝スピーチの中に入って充分上位を狙えるレベルであったと思います

 

全国10万人余りから残った28名はとても誇らし気

このステージが未来へのドアをより大きく広げてくれます

 

たくさんの英語大好きな友達が全国にできますし

一生の友達を見つける生徒も少なくありません

 

お世話をしてくださる宮杯の先輩の大学生のみなさんもとてもかっこよくて

その姿に憧れて大学を目指したり、コネクションを築いている中学生も多いようです

 

さて、コンテストの後は、帝国ホテルにて高円宮妃殿下や

各国の大使のみなさまとのレセプションがあります

 

 

 

指導させて頂いた生徒さんとの2ショットですが

お母さまが有名人だったため載せることができません

素晴らしいスピーチをしてくれました

 

 

 

さてさて、来年は誰があのステージにあがるか

またご縁があってサポートさせていただく生徒さんたちとの出会いも楽しみです

 

2017年11月20日

これからの教育、そして英語は

 

PLS(パシフィックランゲージスクール)の秋のフォーラムが開催されスタッフと学びを深めに行ってきました

基調講演で話してくださったMrs. Ormandy 副校長の一つ一つのお言葉から刺激をいただきました

 

『大きな視点をもって教育を考えていく時代です』

 時間を止めて、思考に入っていきたい思いに駆られました

 

『本当の教育の中に英語も入っているというのが理想』

 これが正に、理想とする英語教育のかたちですね

 

『英語を使えると便利、という視点からだけ学んでもあまり役に立たない』

 単にツールを持ってもダメということです

 

『英語をどう教えるか、どの教材がいいか、英語の重要性を語る時代は終わった』

 ガツン(-_-メ)!

 こんなことばかり考えを巡らせて、日々の業務に追われていないか・・・自省

 

『どう使うかが問われている』

 使う人間がとわれているのじゃぞ!

 

『人が国を作り、国は教育によってつくられる』

 ・・・御意!

 

『それぞれの個性が喜ばれる。自分が示せるものを持つ。』

 お~い、きこえているか~、自分

 

いかがでしょう

一緒にこれらの言葉を味わっていきませんか

 

 

フォーラムは、オーナー、マネジャー、講師がそれぞれ分科会で学ぶことが多いのですが

今回は、みんなが混ざってグループディスカッションを行いました

 

 

 

ある考え方を説明をしていたら

「ああ、それは***のことだよね」って他のスクールの先生からかえってきたのだけど

そんな言葉聞いたことがない~

Could you spell that word? 書いてくれる?

 

書いてもらいました

 

知っていますか?

知らない人、「自分で調べてね」…自律学習のすすめ

 

グループディスカッションの後、発表をするあい先生Good job!

 

新しいQuestion&AnswerBのデジタル教材の紹介もありました

  

 

学びは、くりかえしなんどもなんども続けないと

なかなか自分のものにはなりません

 

学んでいるだけではだめで

具体的に実践に落とし込んで初めて学びとったことになります

 

見ている人が気付かないくらい遅々とした歩みではありますが

ナメクジだって30分後に見たら、先にいた場所より動いているように

わたしたちも前進しております

時々、どこにいるかな~って見てやってください

 

なんて悠長なこといってられない加速度のついた教育事情であります

KDDIが大手英会話教室のイーオンを傘下に置きましたね

ITにシフトをきるようです

ソフトバンクはロボットに英会話をさせています

 

確実に学びの手段が広がっていますよ

これだけ学びやすくなってるんだから英語力はもっと獲得しやすくなるはず

 

ただ、そうは言っても学ぶ側の姿勢、動機、継続的な努力はいります

 

 

これまでは①知識や技能がわが国を成長させてきました

これからは

知識や技能を使って、②思考力、判断力、表現力を身に付けること

③学びに向かう姿勢や人間力を育むことが大事だと、文科省も教育要綱を打ち立てました

 

文科省のお役人のお話しを聞いても、教育改革を進めている委員の先生方のお話しを伺っても

時代が大きく転回していることを強く感じます

 

そして、そう、Mrs.Ormandyも力説されているように

『英語を使えると便利、という視点からだけ学んでもあまり役に立たない』

これを心に留めて学び続けましょう

 

2017年06月02日

英語教育の方向性について

NIE(国際教育ネットワーク)の会議 in Tokyo

全国で加盟している英会話スクールのオーナーが集合し

総会や情報交換のあと、いろいろな勉強会が続きました

 

 

英検協会から、今回2度目となる制作部の本間部長さんにお越し頂きお話をお聞きしました

 

 

これまでにもお伝えしてきましたように、大学入試が

4技能(聞く、話す、読む、書く)を計る試験になっていまして

文科省はセンター試験に代わる英語の試験を民間のものを含むいくつか挙げていますが

いまのところ英検が最も多く適用されそうです

多くの大学が英検の取得級によって、入試を免除したり、試験点数に加点したりという方向です

 

UIも高校3年で準1級取得を目指して頑張っていただく方針で動いています

そのためには、中学で準2級か2級を取っておくことが求められます

という事は、英語学習のスタートが遅くなると生徒さんに負担が大きくなってしまいます

ちいさい時にできることは小さいうちにやった方が、だんぜん楽に習得できます

リスニングとスピーキングですね

 

そのうえでしっかりと文法力や語彙力を付けておく必要があります

ライティング試験が入ってきましたので日頃から考えをまとめたり言語化することを意識しておきましょう

 

 

自分の考えを持つ、まとめる、伝える力

判断する、決断する、そんな力がこれから益々求められています

 

AIによる世の中の進歩、進化は目まぐるしいですが

今後もその進化のスピードは確実に加速するはず

予測のつかない未来の準備です

AIにとって代われない人間の力を身に付けていきましょうね

 

英検協会の本間部長様は懇親会にもご参加くださったので、日頃から思っていることをいろいろとお聞きしました

早藤:「なんで1級の単語はマニアックなんですか?」

本間さん:『New York TIMESを読める語彙を意識して集めてます』

 

どおりで、多くの外国人が「こんな単語使ったことがない」と言うはずです(苦笑)

本間部長さん、真面目なんだけどノリのいい方で、よく教えてくださいました

 

 

東京に来た時は少しでも文化やデザインをみておきたい・・・

会議の前に数分駆け込んでざっと見てきました。GINZA SIX

 

 

屋上庭園の木々はこれから育つとこ
大きくなって茂ると気持ちのいい場所になるでしょうね

 

屋上に神社さんまであって、足を止めて手を合わせているひとも多いです

 

さて、2日間の会議を終え、帰るところです

 

 

 

最近はJAL贔屓です
数年前までは姪っ子がANAのCAで飛んでたのでなるべくANAを使っていました

しかし、徳島からのANA朝1便が羽田は端っこのゲートにおろされるのですごく歩かないといけないのです

JALの1便はど~んと真ん中で下してくれるのですぐさま移動できます
徳島からは25分後に飛ぶのに、結局電車に乗るのはどっちもほぼ同じ時間になるって知ってました?

羽田からの帰りの搭乗もGateがとっても近い!11番とかにあります
ANAだと端っこの端っこ、その上バスで移動とかもあるので
かなり余裕をもって空港に行っとかないといけない訳です

それにANAのプレミアムシートは9,000円でしたっけ?
JALは1000円か2000円アップでJクラスが取れてゆったり座れます

羽田空港、JALは離発着の時間をANAに一歩譲ったと噂をきいたことがあります
その分、JALは搭乗ゲートを優先でとったのかな?

お客様目線でよく考えてくれているのかしらと想像しております

 

英語教育とは関係ないのですが、いろいろと考えさせてもらえるので

やはり外にでることは大事ですね

それがまわりまわって、教育を考えるときに役にたってたりします

2016年07月19日

Mrs. Ormandyとのひととき

このたび、パシフィックランゲージスクール東京本部から

Mrs.Ormandy,そして京都から佐伯先生にお越しいただきました。

講演に先立ち金曜日の夕方から教室にご訪問くださり

生徒や保護者のみなさんに親しくお話してくださったり

クラスの見学もしてくださいました。

 

レッスンを終えてでてきたクラスのこどもたちと一緒に

DSC_3390

レッスン日じゃないけど、ミセスに会いに駆けつけてくださった生徒さんたち。

IMG_2025

IMG_2028

中学生はバッチリ英語で会話ができていました。

もじもじせず、まっすぐ顔をみて笑顔もつくって受け答えできていました。

Good job!

IMG_2032

佐伯先生も、こどもたちみんなにあたたかく英語で話しかけてくださって

こどもたちはすぐに打ち解けていました。

IMG_2031

 

UIのスタッフは、VIPのご訪問に緊張しすぎて変顔になってしまいました(爆)

DSC_3434

教育について、レッスンについて、指導する人としてのたくさんのお話

私たちみんな、とてもモチベートされて活力をいただきました。

DSC_3452

DSC_3463

文化活動も積極的にされているMrs.Ormandyに、徳島の文化に触れていただきました。

DSC_3464 DSC_3399

見学して帰ろうとしていたらTV撮影のインタビューに止められました。

どこにいてもオーラを放っておられますから!

DSC_3401

本番の町をご覧いただくのが一番ですが、阿波踊りも少し味わっていただきました。

流石リズム感バッチリ。踊りもすぐにマスターされました。

DSC_3408

佐伯先生は初めてとは思えない、すっかり阿波人?

レイをかけてもらって賞を獲られました!すごい!!

DSC_3418

どんなに忙しくても「楽しむ」と言うことをじょうずにされるところも

ご一緒させていただくたびに感心させられます。

イタリア旅行をご一緒させていただいたときも教えられました。

去年は京都を一緒に観光させていただいとき

「今自分は楽しめているかな、と考えるんですよ。

あれ?楽しめていないなと思ったら、こうしようかなとか考えたりね、」

と教えていただき今年の新年の抱負の一つが『楽しむ』なのですが

やってみるとこれが本当に難しいのであります。

 

人生で目標にできる素敵な女性がいてくださると言うのは

本当にありがたいことであります。

一日一日、ほんの少しの違いをつくりつづけることで

長年のうちに大きな違いを作れるということも教えていただきました。

 

すぐにできなくても、理想になかなか届かなくても

ちいさな一歩でも近づけるようにしていこう。

 

 

     DSC_3434      

 

 

2016年07月18日

Mrs.Ormandy 教育講演会ご報告

今年43周年になるPLS(パシフィックランゲージスクール)の創業者であるMrs.Ormandy.

日本にまだ英語を教える指導法も教材もなく、その必要性も議論されない時代から、

英語教育に情熱を注いでこられたMrs.マスミ・オーマンディをお迎えしての教育講演会が

7月10日(日)徳島県板野町文化の館、さくらホールで開催されました。

DSC_3469

Mrs.Ormandyとアメリカ人のご主人Mr.Ray Ormandyが創りあげてこられたPLSシステム。

日本のこどもたちを目の前にして、ご苦労と辛抱を重ねて開発してこられた教材。

 

UI School of EnglishはそのPLSシステムを5年半前に導入させていただきました。

ありがたいことに、それ以来こどもたちの英語力は飛躍的に伸びました。

子供の心理を深く理解し、愛情をこめて作ってこられたことが良く分かります。

使うほどに感心させられます。

 

PLS方式の素晴らしいところは、外国人講師をプロの講師としてトレーニングできるシステムまで作りあげているところです。

どんなに優れた教材も、どう使うかで非常に効果があったり、全く意味がなかったりします。

使う先生が、意図をしっかりつかんで使うから効果がでるのです。

 

先生の成長なくして生徒の成長はありません。

DSC_3468

Mr.&Mrs.Ormandyの指導システムの素晴らしいところは

英語ができるだけではなく、その人間性も一緒に伸ばせるよう作り上げているところです。

レッスンではコミュニケーションマナーを身に付けられるよう、姿勢、相手の目を見ること、ちゃんと挨拶するなどもくり返し指導します。

責任感、達成感を感じてもらえるよう、リーダーシップ能力までつくように

レッスンに様々な仕掛けが組み込まれているのです。

 

日本人が英語力を身に付けるにあたってのポイントや

お家でのこどもとのかかわり方について、世界各地の様子などなど

多岐にわたったお話に会場の集まったみなさん聞き入っておられました。

DSC_3473

御年77才とは信じられないエネルギーに満ち溢れたお姿、つややかなお声

こどもたちには、毎日お家できいているリスニングホームワークのCDの声

本物の声を聞いてみんな「え~!わ~!」って感動していました。

 

後半は、実際のPLSのレッスンをご覧いただきました、

事前に練習などはせず、通常通りのレッスンをステージで行いました。

緊張するのかな、と心配していたお母さまたちもおられましたが、こどもたちは平気。

いつも通り集中して次々と繰り出されるアクティビティをしっかりこなしていました。

ちょっと見ない間にまたまた大きく成長しているお子様の英語力に感動したと

感想を伝えてくださった保護者のみなさんの声、本当に嬉しかったです。

DSC_3480

DSC_3495

IMG_2106

 

DSC_3492

お越しいただいた皆様からは、「愛情が感じられるお話で、こどもとの関わり方を考えなおしました。」「こどもたちの英語力にびっくりした」「数ケ月前に参観したときよりもまた成長しててすごい!」「ミセスのお話はとても分かりやすかった。こどもをもっと褒めて育てようと思いました。」「UIで間違いないと思いました。」「UIの先生たちはすごい。」などたくさんの嬉しいお言葉をいただきました。

IMG_2156

ご多忙な中、お集りいただいたみなさん、本当にありがとうございました。

親になってこのように学び続ける参加者のみなさんを心から尊敬申し上げます。

そんなおとうさん、おかあさんのお子様だからどんどん成長してくれるのです。

 

講演が終わって、すぐに空港に走らないと飛行機に遅れるというのに

「Rasaにフィードバックしとかなくちゃ」って、時間をぎりぎりまでレッスンのアドバイスをしてくださるMrs.Ormandy。

私たちは、その情熱とご期待に少しでも添えるように、これからも精進していこうと誓いました。

DSC_3520

Thank you so much Mrs. Ormandy and Ms. Saeki!

IMG_2163

 

 

DSC_3468

ページトップへ