UI School 徳島市のおとな・こどもの英語/英会話教室

2013年07月06日

UIの本棚より

レッスンの待ち時間に

お子様のつきそいの保護者のみなさまに

細切れの時間でも読める本を数冊pick upして置いています

 

20130706_141607

 

国際教養大学の中嶋学長(今年お亡くなりになりました)の書かれた学歴革命

この本のスピリッツはUI Schoolの哲学と共有しています

P1200329

若者と子育て中の親御さんにぜひ読んでいただきたい一冊です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「奇跡の音 8000Hz」はこのメソッドが書籍になって

こんな安く一般の人に使われるようになったことこそ

20130706_141636奇跡に思えます

16年前に東京六本木で泊まり込み

このメソッドを学び、徳島に導入できないか模索していました

当時、導入して運営するまでに2000万円ほどかかるのであきらめていました

それが、1800円で聞けます!

これを試していただいた生徒さんから

「わたしの耳にすごいことが起こっています!」とお電話をいただきました

聞こえなかった英語がくっきり聞こえるようになったとのことです

リスニングに役立つ一冊です

 

 

 

『実語教』は江戸や明治の日本人全員が共有していた精神の柱でした

P1200330

著者の斉藤孝氏は”いまの若者の心が折れやすくなったのは21世紀は「こころの時代」といわれている

これがいけないのだ。”とおっしゃっています

 

人間を心と体、精神という三つに分けて考えますと

こころは移り変わりやすいものですね

一方精神は心とちがって変化しない

武士道の精神が昨日と今日とで違うということはまずない

論語の精神ともなれば二千五百年前からかわらない

ですから、精神が人格の中核にある場合は人格が安定するのですが

今の学生や若者は不安定な心で人格を支えようしているから心が折れやすいというのです

UIの音読教室ではこの精神を培う作品をたくさん読んでいます

 

 

P1200331

「いのちをいただく」この本は、深い深いところから涙が出ます

私たちは、他の生き物の命をいただいて生きていることは誰もが知っている

でも、本当のところは良くわかっていないのだ

だから食べ物を大切にしないし、おいしいとか不味いとか言う

みんなにしっかりと読んでいただきたい本です

 

 

 「致知」は人間学を学ぶ月刊誌です

20130706_141941

登場するのは精神を培う学びになる素晴らしい人ばかり

毎月、読んでUIの精神を育てています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良かったら本を読みにお越しくださいね

 

 

 

 

 

 

Posted by : 本情報

2012年04月13日

こどもの英語力を育てたいお母さんのための本

はい、UIのこどもたちの英語レッスン内容はどんどん進化中です
その内容を知っていただける書籍がとどきました
保護者のみなさま、必読の一冊です
 

教室に平積みにしてますので
ぜひお読みくださいませ

PLSのアクティビティはひとつひとつに
意図がしっかりとあります
なんでいまこれをやっているのか
こどもの心理はどうか
これからレッスンが始まるところ
みんな教室前に並んで
一人ひとり先生とアイコンタクト、そしてsmile
きちんとご挨拶が出来てから教室に入ります

レッスン後
出てきたときの生き生きした顔がうれしいです

Posted by : 本情報

2012年02月21日

辞書、本、問題集、英字新聞など差し上げます

新年度に向けて教材の入れ替え
クラス編成などの準備を進めております
恒例のProgress Reportでお一人お一人の
学習進度をお知らせすべく、各担当講師が書き始めました
通常業務に加え様々な業務が山積
よいしょ、よいしょっとがんばっています
こどもたちには
問題集や辞書、プリント教材など差し上げます
ご自由にお持ち帰りください
 
おとなのみなさまには
ペーパーバック、洋書、英字新聞を差し上げます
一つでも興味のある記事を見つけて読むと勉強になりますよ

春に新しいクラスがいくつかスタートします
時間、曜日変更ご希望の方はお知らせくださいませ
お友だちやお知り合いでUIの英語クラスや
個別強育クラスに興味のある方をご紹介ください
ささやかなプレゼントをご用意しております

Posted by : 本情報

2011年11月29日

栗城史多氏 「見えない山に登っているすべての人へ」

 ~徳島ホールにて講演会~
100人の人に「ダメに決まってる」「ムリだ」「やめろ」
と言われても挑んだ
初の海外旅行で北米大陸最高峰の「マッキンリー」(6194m)
単独無酸素で登頂
雪に埋もれて隠れたクレパスも多数あり
非常に難しい山なんだそうです
どんなに非難されても気持ちは変わらなかった
しかし、あと1週間で出発という時が来て本当に怖くなってきた
その日が来て空港についても不安で辞めたくなった
その時、電話が鳴った
父からだった
しばらく無言・・・
「お前を信じてる!」
その一言で勇気をもらい登頂成功
今ここに立てている
チャレンジして失敗するでしょ
失敗してもそのチャレンジの木は枝分かれして
新たな木として育つんです
こどもの「やりたい」という伸びる木を
まわりの夢を亡くした大人たちの
「そんなのムリだ」「ダメだ」が
成長を止めていないでしょうか
登山家は 登れるとわかっている山の頂上に立つのが目標で登っているんじゃないんです
難しいトレースのない山を登りながら成長できるから行くのです
道なき道を歩いてきた僕は「不安」について明確な答えを持っている
不安はなくならないということだ
不安は自分そのもの
苦しみや不安は本当に自分をダメにするものなのだろうか
苦しければ苦しいほど喜びは大きく
苦しければ苦しいほど生きている実感もある
「-」に一本加えると「+」に変わる。
ほんの一つの工夫ですべてが変わる
書きつくせない感動をもらいました
感動の2冊 教室の本棚に入れておきますね
読んでください

握手してもらっちゃいました♪
すごい力のある目でストレートに見つめてくれて、キャ~♡

「No Limit」は運命の出会いといえる一冊
長年患ってきた背中の痛みが雲散霧消された
もう何十年もがっちりと私の身体をつかんで
どんな治療も運動も薬も聞かない
それが、ある章を読んだとたんす~す~と痛みが抜けて行く
50万円くらいの価値(効果)がある本になりました
知らなかったこころのクセが
浮かび上がり、そして消えて行きました
頂上に上る、その向こう側に使命がある
ん~、まさに!

Posted by : 本情報

2011年11月28日

「逆転本」

 
またまたおもしろい本を頂いちゃいました
”人生を喜劇的に素敵にする”と書いています
まさにそんな感じです
Haruto&Ayatoのパパさんからです

たとえばこんな感じです
「忙しい」 のかわりに
「盛り上がってきた―――!!」

「失敗した~」 のかわりに
おっぱいした~」

あるいは
「挑戦した~!」
「カチン!腹立つ~」 のかわりに
「カチン!コチン!カキーン!」

とっても身体にいい本ですので
これもUIの本棚に置いておきますね
お手にとってお楽しみください

Posted by : 本情報

ページトップへ