UI School of English

NEWS

  1. TOP
  2. ニュース
  3. ネパール旅行記 part1

2012年01月11日

旅行くちこみ情報

ネパール旅行記 part1

東北から帰って大急ぎでトレッキングに必要なものを買い集め
荷造りして、モモを実家に預けて・・・
ネパールはカトマンズに飛びました
なんでネパール?
栗城史多氏との出会いに衝撃を受けたからです
http://blog.ui-school.com/?day=20111129
カトマンズで一泊してポカラへ
機上からヒマラヤ山脈がきれいに見えます
 
プロペラ機
向こうに雪をかぶった山脈が美しい

登山口まではガタガタ道を車で向かいます

かなり急な道をよいしょよいしょと上ります
荷物はポーターさんが背負ってくれてありがたい

ヒマラヤ登山の特徴は
人が住んでいる村をとおること

おかあさんが娘さんの髪を整えています

子供の頭を石鹸であらって着替えをしています
体をあらうのも、料理をするのも外の水場
水は近くに汲みにいってました

寒いのに水で頭を洗ってる!
未開の地だなあ・・・とかおもってたら
なんのなんの、ここはかなり文化的暮らしの村だと
あと2時間も歩くと、そこの村では子どもは服は着ていないって!
ほう・・・
かなりなお年のおばあちゃん、唄ってる♪
ネックレスやブレスレット、いっぱい装飾品をつけていたので
何か特別なことがあるのかとおもったら
いつもこのくらいつけてるんだそうです
おしゃれですね

段々畑は山の上まで続いています
ネパールでとってもおいしかった料理のひとつが
この高菜をスパイスで炒めたもの
毎回のように出されました

道にも山の中にもあちこちに水牛が草を食んでいます

途中、飲み物やお菓子を売っているお店がありました
高度があがるに従って値段も上がるようです…当然ですね

トウモロコシを屋根の下にびっしり干しています
ポップコーンにして食べたり、粉にする保存食

少年二人がロバをひきつれて食料や生活物資を運んでいました
山の上の方まで村やロッジがありますが、車は入れないので
ロバや水牛が活躍します
そして子供たちがよく働いています

レストラン(?)もあります

これがキッチン(?)

いよいよ宿泊するロッジに到着!!

チヤ(ミルクティーにマサラが入っている)を入れて歓迎してくださいました
目の前にアンナプルナ山群(8091m)とマチャプチュレ(6993m)

きもちいい

停電です
いつも停電です
ろうそくをつけてくれました
寒いのでいっぱい着込んで
薪ストーブの横で出された手作りのお酒、ロキシーをいただきます
ロキシーは、家庭でも作られるそうですよ
ここでは、麦と粟で作ったそうです
焼酎に似てるけど、かなりちがう

そしてろうそくの灯りのなか
ネパール料理をいただきます
お野菜と地鶏がめちゃくちゃおいしい


 
翌朝は早起きして20分ほど山を上って
2011年最後の日の出を拝みました

全身に光を浴びて
今年一年を見守ってくれた太陽に感謝

山々が光を受けて輝き始めました
そしてまたおいしい朝ごはんをいただいて出発
お世話をしてくださったロッジのスタッフさんは
このあたりの村の人です
素朴なお人柄で精いっぱいのおもてなしをしてくださいました
握手をしてお別れです



山の中には、燃料になる木を拾い集める子どもたち
たくさんあるのはシャクナゲの木
春には見事な花を咲かせる国花

恥ずかしそうにはにかんで笑いながら、「ナマステ」と挨拶してくれます
重たい籠を背負いながら、飛ぶように走ります


どこにいくんだろう?
どこから来たんだろう?
あたりに人家は見当たらない

ここのこどもたちは
まず家のことを先にする
木を拾ったり、水を汲みに行ったり
動物の世話をしたり
昔の日本のこどもたちもそうだったよね

今夜止まるキャンプサイトに到着
山を越えて物資を運ぶ人や動物が時々行きかいます


荷物をおろして一息いれていると

ランチを出してくれました
チャパティにお野菜を巻いていただきました
やっぱりここでも高菜、そしてジャガイモ,にんじん、キャベツ、カリフラワー
おいしい!

このコックさん、カトマンズからバスに乗って
食料はもちろん、お鍋や調理器具まで携えて
このキャンプサイトで待っていてくれました

あったかい寝袋、快適です

日が沈み始めて山の色がかわります

日が落ちるに従って星が瞬き始めます

やっぱり停電・・・
火をおこすと、どこからともなくロッジの人や子どもたちも集まってきます


電気はいつくるかわかりません
ろうそくで食事、いいですねえ

お野菜と卵をいっぱい詰めてあげたもの
チャオメン、野菜・・・これもすごくおいしかった
たまごがとっても自然な味で黄身があまり黄色くないのです
で、チキンは地鶏で味わいが深くて驚きです

夜が明けて、山をおりる私たちを
ロッジのおかさんと子どもが見送ってくれました
今日は学校でテストだそうです
勉強は・・・してない、って
そうだよね、ゆうべ遅くまで遊んでたもの

いったいどこから歩いてきたの?
あたりに家はないのに
そして小学校の気配もないのに通学するこどもたち
かわいい!

山を下りてきました
ここでマイクロバスに乗り込んでポカラの町へ

そしてカトマンズに向かいます
天気は良くないので機上からの山の景色は見えません

カトマンズに到着
へ?荷物自分たちで?

そ、ここはネパール
あまえちゃいけない